Make your own free website on Tripod.com
監督機関
 
 労働基準主管局は厚生労働省の管轄で、労働条件や労働者の保護に関して監督するところです。
都道府県の労働局、労働基準監督署に監督官とを必要な職員を置いています。
 労働基準主管局長は、厚生労働大臣の指揮を受けて、労働基準に関する制定や監督方法等を、都道府県労働局長に指揮監督しています。
さらに、都道府県労働局長は、管轄の労働基準監督署長を指揮監督を指揮監督します。
 労働基準監督官は、管轄内の様々な事業所がキチンと基準を守っているか、監督し、不適切な箇所があれば、労働基準監督官の権限により、書類のチョックや、労働者に対し質疑を即座に行うことができます。
その為、労働基準監督官は常に身分を証明する証明書を持っていることが義務付けられています。
 また、他の公務員同様守秘義務があり、退職後においても、決して秘密を漏らすことは許されません。